消費者金融在籍確認

消費者金融の在籍確認とは?電話で借入がバレるのか?

消費者金融の在籍確認とは?電話で借入がバレるのか?

消費者金融に申込むと必ず審査を受けることになりますが、審査の最後に「在籍確認」が行われます。在籍確認を行うのは、申込者に借入金を返済するための収入を得る手段となる勤務先が間違いなくあるのかを調査するためです。

 

在籍確認と言うと、申込者の中には会社に借金のことが知られるのではないかと思って嫌がる人がいますが、会社に知られる心配は全くありません。

 

現在は貸金業法によって、借り手以外の第三者に対して、貸金業者という立場で接触することが禁止されています。従って、在籍確認の電話をする場合は、業者の担当者が個人名で行うのが一般的です。

消費者金融の在籍確認の仕方

  

電話の仕方は「××(担当者名)と言いますが、○○さん(申込者)はいらっしゃいますか」となっています。

 

また、申込者本人は申込手続中で会社にいないことが多くなっているため、電話に出た人から「出かけています」という返事がもらえれば、在籍が確認できたことになります。

 

なお、「どちらの××さんですか」だとか、「どんな御用ですか」と聞き返された時は、「知り合いです」、「個人的な要件で電話をしました」、「改めて電話します」などと答えています。ちなみに、業者によっては在籍確認の時間帯に関して、申込者の希望を採り入れているところもあります。

電話での在籍確認ができない場合は?

  

ところで、電話による在籍確認は業者にとって必須業務になっていますが、最近は電話による確認のできないケースが増えています。特に多くなっているのが、派遣社員の場合です。

 

現在では個人情報保護法やプライバシーマークなどによって個人情報の保護に対する管理が厳しくなっているため、登録者の在籍の有無の返事を拒否するようになっています。

 

その場合は代替措置として、在籍証明書や健康保険証などを提出してもらう業者が多くなっています。健康保険証を見れば申込者の職業の形態や企業名が分かるため、在籍証明書と合わせれば、在籍の確実性が高くなります。

 

ただ、特例措置でもあるため、利用限度額を低めに設定して、しばらく様子を見るということが行われることもあります。

 

なお、在籍確認は通常、審査の最後に行われます。会社にまで電話をしておいて、融資不可となると信用が失われる危険性があるため、大抵の場合は、在籍確認が取れれば融資OKという段階で行なっています。

 

ちなみに、申込者において注意の必要なのが大企業に勤めている場合です。電話をする部署の番号を明確にしていないと、電話に出た人が「そんな人はいません」とか、「わかりません」といった返事をすることがあります。

 

その場合は在籍確認が取れたことにはならない為、申込書に記載する電話番号には自分がいる部署や自分を知っている人がいる連絡先を書くことが大事なポイントになるのです。その点に関して注意を払うことが必要です。

ホーム RSS購読